ziziストアお問い合わせ専用 03-3834-1782

HOME > ブログ

ふむふむ、木村硝子店のなかまたち。#08《後編》

Yoshida08 2

<第8回/後編>スッキリ洗えてさっぱりするしょうゆさし編

ふむふむ、木村硝子店のなかまたち。#08《前編》

Yoshida08 1

<第8回/前編>盛り皿にも銘々皿にもなる皿編

現在、沖縄と東京で活動を続けるデザイン事務所「Luft」のデザイナーである桶田千夏子さんは、法律家を目指したのちに食堂を営み、デザインの道に飛び込んだという経歴の持ち主。業務用の食器からヒントを得たというプレート類と、木村硝子店との製作で生まれた「しょうゆさし」。その誕生には、幼少期からの物事のユニークな捉え方が生きていました。

ふむふむ、木村硝子店のなかまたち。#07

Yoshida07 2

<第7回>知り合う前から、互いの作品に触発されていたという木村硝子店とインゲヤード・ローマンさん。15年以上に渡る不思議な縁から生まれた今回のコレクション。誕生までのストーリーを伺いました。

ふむふむ、木村硝子店のなかまたち。#06《後編》

Yoshida06 7

<第6回/後編>フランスのデザイン事務所に勤務する傍ら、フランス各地のワインの名産地を巡るようになった麹谷さん。それはあくまで愉しみのためのもので、ワインについて本格的に学び始めたのは、実は帰国後のことでした。豊富なワイン体験が、麹谷さんの頭の中で一本の線となり、グラスへの興味も高まって、世界がさらに広がっていきました。

ふむふむ、木村硝子店のなかまたち。#06《前編》

Yoshida06 1

<第6回/前編>麹谷宏さんが考案された、木村硝子店の「トラベルグラス」。このグラスの誕生には、少年時代にデザインの道に進むことを決意し、グラフィックデザイナーとして大阪、東京、パリ、と拠点を移しながら第一線で活躍されるなかでワインに出逢い、魅せられていくまでの長い歴史が関わっています。日本における「ワインのはじまりの時代」の楽しいエピソードを交えて、お話を伺います。

ふむふむ、木村硝子店のなかまたち。#05《後編》

Yoshida05 2

第5回 後編

山田節子さん(ライフスタイルコーディネーター)×木村武史(木村硝子店社長)

後編では、15年ほど関わっておられる、会津若松の老舗仏具メーカー
(*3)「アルテマイスター」でのお話を中心に、展示会期間中にお邪魔して、お忙しい合間に話を伺いました。

ふむふむ、木村硝子店のなかまたち。#05《前編》

Yoshida05 1

第5回 前編

山田節子さん(ライフスタイルコーディネーター)×木村武史(木村硝子店社長)

山田節子さんは、日本人が大切にしてきた心、美意識そして生活観を、いまにふさわしい形で生かし、つなぎ、日々の暮らしを豊かにすべく取り組まれている、ライフスタイルコーディネーターの草分け的存在です。
銀座松屋のコーディネーターとして関わることになったきっかけのお話から、会津若松の老舗仏具メーカー「アルテマイスター」での仕事について、現地での展示会期間中に、お忙しい合間を縫って伺いました。

ふむふむ、木村硝子店のなかまたち。#04

Yoshida04 1 

第4回

深田恵里(ジュエリー作家)×木村武史(木村硝子店社長)

円に切った豚革を重ねたユニークなリング、

廃材をベースに考え出された、パイプのネックレス、

サテンリボンから生まれた蛇腹のブローチ……。

身につけたときと、そうでないときとで全く違う表情をかもし出す

深田さんのジュエリーには、「自由に考えて使って欲しい」という、

モノとヒトとの距離感を、持ち主にぽんとゆだねる潔さがあります。

その独特な個性はどこから生まれてきたものなのか、秘密をひも解いてみます。

ふむふむ、木村硝子店のなかまたち。#03《後編》

Yoshida03 2

第3回 後編

千葉美枝子(スタイリスト) × 木村武史(木村硝子店社長) × 三枝静代(木村硝子店デザイナー)

ふむふむ、木村硝子店のなかまたち。#03《前編》

Yoshida03 1

第3回 前編

千葉美枝子(スタイリスト) × 木村武史(木村硝子店社長) × 三枝静代(木村硝子店デザイナー)

今回ご登場いただくのは、千葉美枝子さん。
シンプルで上品なスタイリングを手がけたら、右に出る者のない
日本のライフスタイルをつくってきた草分け的存在です。
この道に進むことになったきっかけや、ご自身のルーツなど、
貴重なお話を伺います。

< 1
木村硝子店
お知らせ
ブログ
木村硝子店について
会社概要
zizi ストア
ヘルプ
お問い合わせフォーム
お電話03-3834-1782
(平日9:00-18:00)
ご利用案内
返品とキャンセルについて